たけのこの”アク”を電気圧力なべで全部抜く。

こんにちは!
昨日はいよいよ梅雨入りしましたねー。じとじとします。
そんななか、定休日をいただき、ありがとうございますのピアレ嫁のヒトミです。

今日の題名、
池じゃないです、
池の水、全部抜く企画じゃないです!(笑)

今日、全部ぬいたのは、

\たけのこのアク/
です!

というのも、
今年は、ありがたいことに、
たけのこをいただく機会がたくさんあって、
まるで、

”たけのこ富豪”

のピアレスタッフです。(笑)

たけのこ、買うとお高いし、
かといって、
山を持ってないので(笑)、
たけのこは、なかなかお口に入りません。

そんなピアレに、

「たけのこ食べへん?」
「うちで取れたのやろー!」

と、
たくさん、
何回もいただく機会があって、
スタッフ全員で、

\わっしょーい!ごちそう!/

とよろこんでおりました。

本当に、ありがとうございます!ごちそうさまです!

さてさて。
そのたけのこ。

おいしく食べる前に、
ひと手間、ありますよね、
そう!

奥さん「そや、たけのこはまずアクを抜かなかんで。」
ピアレ嫁「そやー!アク抜きせなやなー!」

そうなんです。
たけのこのアク抜き。

ピアレ嫁「そや!たけのこのアク抜きなぁ、…」
奥さん「たっぷりのお湯わかしてするんやろ?」

ピアレ嫁「ふっふっふ…ほれがなぁ、電気圧力なべでできるらしいで。」

奥さん「ホンマか?」
ピアレ嫁「うん!いっぺんやってみたかったし、今日やってみよか?」
奥さん「やってみてよ!」

そうなんです!ピアレ嫁、
なかなか、たけのこがお口に入らないばかりに、
なかなか、たけのこのアク抜きの方法を知らなかったんですが、
電気圧力なべを使えば、

\カンタンにアク抜きできる方法がある!/

という情報を入手イタシマシタ!

ということで、今日は!
ピアレ嫁が教えてもらった、
電気圧力なべでカンタン♪
たけのこのアク抜きする方法をお届けします♪

まずは、たけのこの皮をむきます↓

皮は、

奥さん「あんたがアク抜いてくれるんなら、私がむいたろ!」

と、
一生懸命、皮をむいてくれました。
ありがとー奥さん!

たけのこの皮がむけたら、

電気圧力なべのおかまに、たけのこを入れます↓

ひたひたになるまでお水を入れて↓

”ぬか”をパラパラっと入れるかか、
”ぬか”が無ければ、
コチラ↓

お米、ひとにぎり。
でもオッケーです♪

入れられたら↓

おかまを電気圧力なべにセットして↓

ふたを閉めます↓

ふたに付いてある『おもり』は、
『密閉』に合わせて↓

続いては、電気圧力なべの調理方法と調理時間をセットしていきますよー。

調理方法は圧力調理でアクを抜いていくので、
『手動調理』ボタンを押して、三角のマークを『圧力調理』に合わせます↓

調理時間は、10~20分。
たけのこの量とか、
かたさによって、
調節していきます。

今回は、たっぷりのたけのこやったので、
15分でセットしていきますねー♪

まずは『10分』ボタンを1回押して、
続けて『1分』ボタンを5回押して、
15分と表示させます↓

これでセット完了です!

最後に『調理スタート』ボタンをぽち!

と押したら、
あとは電気圧力なべが全部自動で、
アクを抜いて、下茹でしてくれるので、ほったらかしでオッケーです♪

できあがったかなー?
の確認は、
圧力が全部抜けたしるしの、
『圧力表示ピン』が下がったのを確認したら↓

『取消/切』ボタンを押して↓

ふた、ぱかっとオープン!

ふわぁ~♡
たけのこ、いいにおい~♪

おかまを、気を付けながら取り出して↓

冷めるまでおいておいたら、
たけのこのアク抜き、完了です♪

さーて!
アクが抜けたら、さっそくお料理ダー!

…なのですが、
今日は長くなったのでここまでにしておきます♪
お料理したようすは、明日、お届けしますね♪

お楽しみにしてくださるとうれしいです♪
.
.
.
*たけのこのアク抜きは、パナソニック 電気圧力なべ(SR-MP300-K)で抜きました!
.
.
.

【ピアレの最新情報はコチラ↓から!】
タップしてピアレホームページTOPでチェック!

【ピアレとLINEのお友だちになりませんか?】
お友だち登録していただくと、修理のご依頼や家電のご相談などお気軽にLINEしていただけます。
ご登録はこちらから↓
友だち追加
ピアレキタガワはインスタグラム、facebookもしています。どちらも、ホームページ下の各アイコンをクリックしてくださいね!

PAGE TOP