【つくおき】おこげがおいしい♥炊きこみごはん【電気圧力なべで作ろう!】

こんにちは!ピアレ嫁のヒトミです。

今日は春分の日。
そして明日はピアレで毎月恒例!

『お耳の聞こえご相談会』

です!
忘れないうちに、
ブログの最初でご案内しておきます!

さてさて。
昨日お届けした、
【つくおき】筑前煮


を電気圧力なべに作ってもらっている間に、
材料を準備して、次の【つくおき】に取りかかったピアレ嫁。

次に作った【つくおき】は、

『炊きこみごはん』
です♪

実は、『炊きこみごはん』も自分で調味料を混ぜて…
は作ったことが無かったピアレ嫁。
これもまた、

ピアレ嫁「調味料の分量がわからんなぁ…」

と思っていたお料理の1つです。

最近は便利な『炊きこみごはんのもと』とかも売ってるし、
それで作っていましたが、

今回も、電気圧力なべに付いてきたレシピブックに、
調味料の分量が書いてあったので、

ピアレ嫁「よーし!これで作ってみよっと♪」

と思い、
作ってみましたので、そのようすをお届けします!

それでは!レッツ・クッキングー♪

まずは、さっそく調味料の準備から!

調味料は、
お醤油、お酒、みりん、お塩、和風の顆粒だしを混ぜておきます。

続いて具の準備です。
具は、
ごぼう、こんにゃく、干しシイタケ、油揚げ、鶏肉、にんじんを切っておきます↓

材料は、筑前煮に入れたのとおんなじのがあったので、
切るときに一緒に切っといたりして、材料の準備ができました♪

あとはかんじんのお米!

3カップを洗って、
電気圧力なべのおかまに入れて、調味料も一緒に入れます↓

そこへ、おかまに書いてある「白米」の水位線の『3』の線までお水を入れて、
よくかき混ぜます↓

その上に具をのせて↓

そのまま混ぜずにおかまを電気圧力なべにセットします↓

ふたを閉めて↓

これで下ごしらえは完了デス!

ここからはレシピブックを見ながら、
電気圧力なべの調理方法と調理時間をセットしていきますよー!

まずはふたについてある『おもり』は、『密閉』にセットして↓

続いては調理方法です!
調理方法は『圧力調理』とのことなので、
『手動調理』ボタンを押して、三角マークを『圧力調理』に合わせます↓

調理時間は8分。
…これまた昨日の『筑前煮』と一緒で時間短いけど、
でも、昨日も3分でおいしくできたし、信用していってみよう!(笑)

と思い、
『1分』ボタンを8回押して、調理時間を8分と表示させます↓

これで設定も完了!
最後に『調理スタート』ボタンをぽち↓

と押したら、
電気圧力なべが自動で、
圧力をかけて→8分調理して→蒸しながら圧力を抜いてくれるのを待つだけ!

かかる時間は全部で約60分♪
またまた待ってる間は、次の【つくおき】の準備をして待ちました。

そーやってなんやかんやしてたらできあがり!

圧力がしっかり下がったしるし『圧力表示ピン』が下がったら↓

『取消/切』ボタンを押して↓

ふた、オープン!

\ぱかっ!/

かるく混ぜてみると↓

あっ!

おこげも発見♥

社長、おこげ好きやでな~♪

なんて思いながら、
タッパーに移して、
冷蔵庫で冷やして、
作り置き、完成です♪

少しずつよそって↓

ごはんでいただきます!

社長「おいしいな!…けど…」
ピアレ嫁「具がな!(笑)」
社長「具がな!」
ピアレ嫁「でかいよな(笑)!」

と、
今まで売ったる『炊きこみごはんのもと』で作っていたので、
食べやす~く具が切られていましたが、

なんせ手作りの炊きこみごはんなもので、

ご存じのとおり、
具を切ったのもピアレ嫁。
千切りがニガテなピアレ嫁、
細切りがニガテなピアレ嫁、

なので、
具も大きめ!(笑)

ちょっと口に入れるのが大変やったけど、
おこげもおいしかったし、
味もおいしくできました♥

電気圧力なべで炊くごはんは、
ちょっと”もちもち”っとした食感で、
これまたおいしかったです♪

さて!
炊きこみごはんも【つくおき】できたし、
引き続き、つくおき作っていきたいと思いまーす!

*炊きこみごはんは、パナソニック 電気圧力なべ(SR-MP300-K)で作りました!

.
.
.
【ピアレの最新情報はコチラ↓から!】
タップしてピアレホームページTOPでチェック!

【ピアレとLINEのお友だちになりませんか?】
お友だち登録してもらうと、修理のご依頼や家電のご相談などお気軽にLINEしていただけます。
ご登録はこちらから↓
友だち追加
ピアレキタガワはインスタグラム、facebookもしています。どちらも、ホームページ下の各アイコンをクリックしてくださいね!

PAGE TOP