停電で何が困ったか?【スタッフの実体験から考えてみた!】

こんばんは、ピアレ嫁のヒトミです。

 

今日も朝からアンテナの修理などお伺いしておりますが、本当に今回の台風の影響は大変なものやな…とお客さまとお話ししながら感じています。

雨の影響もあり、修理をお待たせして申し訳ありません。

そして、今回の広範囲にもおよぶ停電。

「停電、ホンマ困ったわ!」

「信号、まだついてんなー。」

なんてお話もよくお伺いします。

ピアレスタッフもその停電を経験した1人。

 

スタッフ「あんな長い停電初めて!停電って経験して初めて電気のありがたみがよーわかったわ!」

 

と、本当に困った!と言っていました。

その中でも、停電で何が一番困った?と聞いてみたところ、

 

スタッフ「せやなー…困ったのは~、やっぱり、

”明かりが無くて真っ暗なこと”

”情報が入らないこと”

”スマホの充電ができないこと”

”自動でトイレが流れないこと”

”冷蔵庫の食材がいたんでしまうこと”

やな~…。」

 

とのコトでした。

 

”明かりが無くて真っ暗なこと”

これは、持っていた懐中電灯でしのいだけど、

外も外灯が一切付いてなくて、夜は奇妙な感じがした、怖かった、

と言っていました。

 

スタッフ「明かりは、自衛隊の人が、紙袋かぶせるといいよー!ってゆーてやーたでやってみたわ!」

 

と話していたので、詳しく聞いてみたところ、

 

普通の懐中電灯のあかり↓

これでも明るいのですが、

この懐中電灯の上に、紙袋やビニール袋をかぶせてみると↓

スタッフ「こうやって明かりがひろがるんやって!教えてもらったわー。」

 

と、実際にやって教えてくれました。

確かに、懐中電灯だけでの明かりより↓

明かりの広がりが増した気がします。

他にも、懐中電灯の上に水のペットボトルをのせて↓

広範囲を明るく照らす方法もテレビで紹介されてたでー!

という話題になり、実際にやってみました。

たしかに、こっちのが懐中電灯だけより明るいな~と思いました。

「こーゆー裏技的な情報って大事やなー。」

なんて、感心し合うピアレスタッフ。

 

 

続いて、

”情報が入らないこと”

”スマホの充電ができないこと”

は、

 

スタッフ「テレビはつかんし、スマホ使うと充電減るし、情報を仕入れようにもどーしよーもなかった。」

 

とのコトでした。

 

スタッフ「スマホでの情報収集もできるやろーけど、やっぱりテレビの方がいいなー…。文章で読むより、映像を見て情報を知りたいなーと思ったで。」

 

と話すスタッフ。

携帯・スマホで映像見れるけど、電池くうしなー…なんて話してると、

 

スタッフ「携帯用の充電バッテリーもあると便利やけどな、でも、その充電器の充電無くなったらもう終わりやしなー…。」

 

テレビやインターネットでも、「携帯・スマホのバッテリーを長持ちさせるためには…」という特集も組まれるほど。

でも、安否の確認や情報収集にはもってこいの携帯・スマホ、やと思うので、

スマホの電池やっぱりないと困るなー…と思いました。

 

そして、

”自動でトイレが流れないこと”

これは、バケツに水を汲んで、なんとか流してた、とのことで、

 

”冷蔵庫の食材がいたんでしまうこと”

これは、

 

スタッフ「もうこれはどーしょーもなかった、とにかくドアをムダに開けんとこー思って、冷凍庫は一回も開けんかったわ!!でも、冷蔵庫使えんのはホンマ困った!」

 

と言って、停電中はピアレに来て、フェアの時とかに使っている冷蔵庫に食材を避難させていたスタッフでした。

 

と、今回の停電を実体験して改めて、停電時の家電の取り扱い方を実感・勉強したピアレスタッフ。

他人事やとは思わず、今回はたまたま運よく我が家は停電もなく、家も無事やったんやな…

と思い、非常時の準備、この機会に、おうちの防災グッズもいま一度見直してみようと思っているピアレ嫁。

やっぱちゃんとしとかなな…と思いなおしました。

 

ピアレでも、電池や懐中電灯、ラジオなどなど取りそろえております。

 

非常時の防災グッズなど、ピアレでお手伝いができる事がありましたら、お気軽にお申し付けくださいね。

 

 

★★★★★★★★
ピアレはLINEをしています。
★★★★★★★★
お友だち登録してもらうと、ピアレとLINEができます。
修理のご依頼や家電のご相談などお気軽にLINEください。
ご登録はこちらから↓

ピアレキタガワはインスタグラム、facebookもしています。どちらも、ホームページ下の各アイコンをクリックしてくださいね!

PAGE TOP